×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

佐賀関 今昔
佐賀関港から日鉱精錬所を望む
撮影年 大正時代
日鉱佐賀関製錬所の大煙突は当時「東洋一の大煙突」と言われていた。
昭和48年に2本目の大煙突(高さ200m)が建設された。
※画像はクリックで拡大します。