×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

佐賀関 今昔
精錬所構内を望む
撮影年 昭和初期
精錬所内には敷設された資機材搬送用の「軽便鉄道」があった。
昭和38年の廃線後はベルトコンベアとトラック輸送に切り替わり、現在は構内道路が構築されている。
※画像はクリックで拡大します。